「スポーツ」を究める。

EDITOR'S
EYE


ポール・ロバーツ氏がご来店。

Colgin Cellarsの若き社長ポール・ロバーツさんが来店しました。
コート・オブ・マスター・ソムリエです。(現場ソムリエの最高権威)
ソムリエ現場から世界の頂点を目指す立場にいます。世界のソムリエ達からの羨望を集めたアメリカンドリームを地で行く存在です。
オーナーのアンとジョージは現在オーナー業に徹して、マネジメントをポールが引き受けている。
ポール・ロバーツは、ソムリエ界の最高権威である、The Court of Master Sommeliers(コート・オブ・マスターソムリエ)として現場で活躍しておりました。

彼は1972年、テキサス生まれで、大学時代にワインの魅力に取り憑かれ、ヒューストンでワインショップ勤務から始まり、ソムリエ経験を経て、2002年に世界で48番目のコート・オブ・マスター・ソムリエを取得。
コンテストでも特筆すべき成績でクリュッグ・カップ優勝を果たすなど輝かしい受賞歴を経て、2003年にトーマス・ケラーのワイン・ディレクターとなり、ナパ・ヴァレーに移住しました。
世界一予約の取れないレストラン、ザ・フレンチランドリーのシェフソムリエとして活躍し、ミシュラン三つ星を獲得。その後ニューヨークに出店し、Per Se(パーセ)でも三つ星!

3星レストラン「フレンチ・ランドリー」のトーマス・ケラーから絶大な信頼をよせ、ワインコンサルタントとして監修を務め、現在までミシュランの星を10個獲得し、全米でミシュラン星獲得数が一番多いソムリエという称号を得ています。
2008年からボンド・エステートの支配人となり、世界中でボンドの知名度を上げることに邁進し、そして2013年よりその手腕を買われてコルギンの社長に就任しました。
ロバート・パーカー氏に「ぶどう栽培の桃源郷」と言わしめたウルトラプレミアムの巣窟、「南側」プリチャードヒル。
周囲にはブライアント・ファミリー、オーヴィッド、コンティニュアム、ロング、メランソンらを望む、カベルネにとっては「約束の地」(Promised Land)にコルギンはあります。
セントヘレナから東側の山稜に車を進め、レイク・ヘネシーの南側に沿って走ると現れるプリチャードヒル地区。
「コルギンの優美さ」をまとったワインは100点を連発するワイン製造所となっております。
ちなみに、ポール氏の新婚旅行はフランスでした。なんとご存命だった頃の、PARISタイユヴァン、ジャンクロード・ヴリナ支配人からサービスを受けたとか!
大変貴重なセミナーとティスティング、サービスなど教えて頂き感謝至極です。
有難うございました。

2016.07.14

Tychson Cellars ナパレッド[2013]Colgin ヴィンヤード ティクソンヒル コルギン Hill Valley Napa Sauvignon Cabernet-ナパ

ジャクソン アイ ヴォーゼル・テルム 2004